2019
04.25

ソーダストームよりも経済的。

DIY, キッチン, ブログ, 飲食

家内のお酒を割るのに以前は強炭酸のペットボトルを購入していたわけですが以前導入した炭酸ボンベの途中経過でも今回書いていきます。

確か11月末頃にヤフオクにてレギュレータを購入したのが5ヶ月前。

最初は500mlのペットボトルで作っていましたがすぐに無くなるのと取りに行くのがめんどくさいという事で1ℓのペットボトルに変え間も無く半年を迎えようとしております。

1日に家内は一本、私はたまに一本の2本とペットボトルが多い時は4、5本作ったりとして5月になって炭酸の残量は残り約半分。

1年は持ちそうにありませんが500mlの強炭酸ペットボトル1箱で2,000円位で2週間。月に4,000円x5で考えると場所と見栄えさえ気にならなければコスパはとても良いと思います。

ボンベ代5,000円+炭酸代3,000円位の8,000円で半年。次回はボンベごと交換でボンベ代は返金で帰ってきますので炭酸代のみですみます。それで半年以上。

ソーダストームとやらは炭酸カートリッジの容量の割には高いはずですし箱買いですとペットボトルの処分が大変。後は色々炭酸飲料にできます。コーヒーを炭酸にしたり色々できるので最初は楽しかったのですがまぁ商品化されてないと言う事は御察しの通りですねハイ。マズかったですw

話は戻りまして炭酸水精製は私以外はビビってまして一切触れませんので私が作り忘れた日には家内は缶チューハイとかがテーブルの上に置いてありそれを見て炭酸ない事に気付く日々を送っています。

食品添加物の液化炭酸ボンベ恐るべしコスパ!炭酸水好きな方。炭酸水精製家電でお悩みな方ぜひお勧め致しますよ!

と言う事で今回久々の投稿は炭酸途中経過の内容となりました。

では次の投稿がいつになるかわかりませんがまた近いうちに。

今回はこれにて失礼致します!

The following two tabs change content below.

ohashi

カメラとバイクが趣味の髭を生やしている三児の父。投稿数がこの頃無い為最近事実上家内に乗っ取られ中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。